【山形名物】玉こんとは?おいしい作り方を地元民がご紹介

山形県

こんにちは、SATOKOです。

山形県のご当地グルメのひとつでもある、【玉こん】をご存じでしょうか。

3~4㎝くらいの大きさの球状のこんにゃくを醤油で煮たものが、玉こんです。

山形県の物産館や、道の駅などに売られています。

とってもシンプルといえばそうですが、醤油が中までしっかり染み込んだ玉こんは、とってもおいしいんです。

作り方は簡単ですが、ちょっとしたコツがあったりします。

 

山形の玉こん、作ってみたいけどどうやって作ればいいの?

おいしく作るコツは?

 

そんな疑問にお答えします。

 

山形県民の私が食べ親しんだ玉こんの作り方を、ここでご紹介したいと思います。

簡単ですのでぜひ作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

【山形名物】玉こんのおいしい作り方

では、さっそく作り方をご紹介しましょう。

☝材料

・玉こんにゃく…………正味600g
*だし昆布…………4g
*するめ(さきいかでも)…………10g
*しょうゆ…………60㏄
*酒…………大さじ1

 

スーパーで売られている球状のこんにゃく。玉こん。
これを使います。

 

まず、玉こんにゃくを下茹でします。
水を鍋にかけ沸騰したらこんにゃくを入れ、5分ほど煮ます。
グツグツグツ……

 

5分経ったらざるに空けお湯を切ります。
鍋をさっとゆすいだら、*マークの材料を鍋に入れます。
(ここではまだ火はつけません

 

玉こんにゃくが熱いうちに上記の鍋に玉こんにゃくを入れ、かき混ぜます。
この段階ではサッと色づく程度です。

 

その後1時間待ちます。
まだ火はついていない状態です。醤油につけて放置です。
(途中3回程かき混ぜます)
1時間経ったのがこちら↓

 

玉こんが少し顔を出しているくらいまで水を入れます。

落し蓋をして1晩休ませます。

 

1晩休ませた玉こんを、落し蓋をしたまま弱火~中火にかけ、様子を見つつ煮汁が1/3くらいになるまで煮ます。

はい、おいしい玉こんのできあがり!

玉こんをおいしく作るコツ

玉こんをおいしく作るコツは、何と言っても1晩おくこと。

染み込み具合が違います。

サッと煮るだけだと表面はしっかり味がついているけれど、中は真っ白だったりします。
中まで染み込んでいる方が断然おいしいです。

時間がない時は半日でも構いませんが、よりおいしくするには1晩おくことをオススメします。
上の作り方でここまで染み込みますよ。

下茹でした玉こんを熱いうちに醤油につけるのもポイントです。

山形の玉こんは中まで染み込んでいるものが多いです。
たまに遭遇しますが、こんにゃくの中が白かったするとガッカリしてしまう……。

山形の玉こんをおいしく作るコツは、煮汁につけてしっかり1晩おくことです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

山形名物の玉こんの作り方をご紹介しました。

作り方はとってもシンプルで、特に難しいことはないと思います。

コツは1晩おくことと、こんにゃくを下茹でしたあと熱いうちに醤油につけることです。

熱々染み染みの玉こんにカラシを少しつけて食べてみて下さいね。

 

少しでもお役に立てれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました